スポンサーリンク

新着記事

EXCEL活用術

WordやExcel、パワポを無料で使う! Microsoft365とOfficeOnline

MicrosoftのOfficeには2つの異なる「無料版」があるんです。 「取引先からPowerPointの資料が送られてきたけど、Officeを持っていないので開いて確認することができない!」(Aさん) 「Officeの買い切り型を使って...
EXCEL活用術

【比較】Office365とOffice2021を今買うならどっち?

2024年、個人でOfficeを買うなら「サブスク」と「買い切り」どっちがオトク? Microsoft(マイクロソフト)のOffice(オフィス)には、買い切り型のOffice2021とサブスク型のMicrosoft365(旧Office3...
自動文字起こし

スマホ用アプリや専用レコーダーもある「AutoMemo(オートメモ)」編

「文字起こし」もAIで劇的進化! 2024年版 「LINE CLOVA Note(ライン・クローバ・ノート)」に続いて、「AutoMemo(オートメモ)」を紹介します。 AutoMemo(オートメモ)公式サイト パソコン用ソフトウエアやハー...
自動文字起こし

「文字起こし」もAIで劇的進化! LINE CLOVA Note編

「え? 文字起こし(もしくは議事録作成)って、自分でやってたんですか?」 あと、2、3年もしたら、きっと、新人君にそう言われるに違いありません。 「そうなんだよ。ICレコーダーで録音した音声を聞きながら、パソコンのキーボードを叩いて文字起こ...

EXCEL活用術

EXCEL活用術

WordやExcel、パワポを無料で使う! Microsoft365とOfficeOnline

MicrosoftのOfficeには2つの異なる「無料版」があるんです。 「取引先からPowerPointの資料が送られてきたけど、Officeを持っていないので開いて確認することができない!」(Aさん) 「Officeの買い切り型を使って...
EXCEL活用術

【比較】Office365とOffice2021を今買うならどっち?

2024年、個人でOfficeを買うなら「サブスク」と「買い切り」どっちがオトク? Microsoft(マイクロソフト)のOffice(オフィス)には、買い切り型のOffice2021とサブスク型のMicrosoft365(旧Office3...
EXCEL活用術

EXCELで画像の一部にモザイク(ぼかし)を入れる方法

EXCELで写真や図版・画像にモザイク(ぼかし)を入れる方法では、写真や画像全体にぼかしを入れる方法を紹介しましたが、ここでは画像の一部だけにぼかしを入れる方法について紹介します。 相手に見せられないデータなど隠すことができて便利です 【E...
EXCEL活用術

EXCELで写真や図版・画像にモザイク(ぼかし)を入れる方法

高価な画像編集ソフトを使わなくても、Excelで写真をぼかせるんです 写真を撮ってをブログやInstagramにアップしているという人も多いでしょう。 しかし、撮影した街の風景写真を気軽にアップしたばかりに、肖像権や著作権違反で訴えられると...

Google活用術

GoogleのAI「bard」

「Bardをどう使ってる?」Google調査

2022年末にChatGPTが登場して以来、生成AI(ジェネレーティブAI)がイッキに盛り上がりましたが、皆さん活用していますか?かくいう私も、どう使えばいいのやらって感じで、実際のところあまり利用できていませんでした。それでもいつの間にや...
GoogleのAI「bard」

Chromeの検索結果にBardを表示する

Googleの生成AI「Bard」をお手軽に活用するなら、Google検索結果に表示することもできます。 まず、BardにGoogleアカウントで登録(もしくはログイン)し、同じアカウントでGoogleのホーム画面を開きます。 右上にある[...
Google活用術

スマホで撮った「メモ」をGoogleドライブで簡単にテキスト化する

メモ代わりにスマホで撮影したメモを「Googleレンズ」でテキスト化する方法を紹介しました。 その際、パソコンではGoogleレンズが使えないと言いましたが、パソコンを使って画像の文字をテキスト化する方法もあります。 それがGoogleドラ...
Google活用術

スマホで撮った「メモ」をGoogleレンズで簡単にテキスト化する方法

取材中に提示された資料を、メモ代わりに撮影しておくことはよくあります。ただ、画像なのであとで文字を書き起こす必要があったりする作業もあり、長いものだとけっこう面倒だったりします。 そんなとき、便利なのが「Googleレンズ」です。撮影した画...

秀丸エディタ活用術

秀丸エディタ活用術

「秀丸」で縦書き印刷するなら「秀丸パブリッシャー」は必須

最近では、書いた原稿をプリントアウトせずにPC画面上で確認・推敲するという人も増えているそうですが、私はどうしても一度プリントアウトして読まないとしっくりこない紙人間ですw 秀丸で書いた原稿ももちろん、一度プリントしますが、秀丸標準の印刷機...
秀丸エディタ活用術

秀丸で1ページの行数を指定して単行本を執筆する

単行本などの執筆する際に、1ページの行数を固定してページ番号を表示する方法です。 1行の文字数を指定 まず、1行の文字数の指定方法はこちらで解説しています。 1行の文字数を固定する こちらは雑誌なので1行を20字で指定しています(秀丸上は「...
秀丸エディタ活用術

秀丸を縦書きに設定する方法と設定の保存方法

最近は、IT系を含め若者層をターゲットにした雑誌や書籍は、横書きが多いですね。また、普段ウェブを読んでいる人にとっては、横書きのほうが馴染みがあります。 IT系のように欧文(アルファベット)が多いものは、確かに横書きのほうが読みやすいとは思...
秀丸エディタ活用術

「秀丸」で原稿を書くために必須の3つの設定

「「秀丸」でストレスなく原稿を書くための3つの初期設定」の続きです。 ここでは、紙媒体(雑誌や書籍)用に原稿を書く際に必須の設定を紹介指定していきます。 行番号を入れる 雑誌や書籍の場合、必ず1行何字づめの何行という指定がありますので、まず...

道具としての「ChatGPT」「AI」活用術

自動文字起こし

スマホ用アプリや専用レコーダーもある「AutoMemo(オートメモ)」編

「文字起こし」もAIで劇的進化! 2024年版 「LINE CLOVA Note(ライン・クローバ・ノート)」に続いて、「AutoMemo(オートメモ)」を紹介します。 AutoMemo(オートメモ)公式サイト パソコン用ソフトウエアやハー...
自動文字起こし

「文字起こし」もAIで劇的進化! LINE CLOVA Note編

「え? 文字起こし(もしくは議事録作成)って、自分でやってたんですか?」 あと、2、3年もしたら、きっと、新人君にそう言われるに違いありません。 「そうなんだよ。ICレコーダーで録音した音声を聞きながら、パソコンのキーボードを叩いて文字起こ...
GoogleのAI「bard」

「Bardをどう使ってる?」Google調査

2022年末にChatGPTが登場して以来、生成AI(ジェネレーティブAI)がイッキに盛り上がりましたが、皆さん活用していますか?かくいう私も、どう使えばいいのやらって感じで、実際のところあまり利用できていませんでした。それでもいつの間にや...
GoogleのAI「bard」

Chromeの検索結果にBardを表示する

Googleの生成AI「Bard」をお手軽に活用するなら、Google検索結果に表示することもできます。 まず、BardにGoogleアカウントで登録(もしくはログイン)し、同じアカウントでGoogleのホーム画面を開きます。 右上にある[...
スポンサーリンク